第2回「ぶち練」を開催しました!


チーム所属に関係なく、ストライダーで速くなる!をコンセプトに広島で始まった広島流本気の練習会、その名も「ぶち練」。第2回のぶち練には、開催前々日の告知、三連休の真ん中にも関わらず、カープっこREBOライダーズのメンバーをはじめ、今回「ぶち練」の告知をみて初めて参加してくれたキッズも含め10名を超えるキッズたちが集結してくれました。

※ぶち練とは⇒http://carpkko.com/425/

ここで今回の「ぶち練」の練習メニューの一部をやや大げさにご紹介しましょう。



ダッシュとカーブを連続で繰り返すビックスラロームアタック。直線部を走って曲線部ではストライダーを漕がずに体を倒してコーナリングをするという高等技術を遊びながら身につけます。「走れ!」「乗れ!」の鬼コーチの声のタイミングに合わせて一気にコツをつかみ出す子ども達。本格的な練習が初めてのキッズ達も自分から足を離してカーブに突っ込んで行くようになります。



一本橋に何度も突っ込んで行くシングルログブリッジスペシャル。スピード、集中力、視線を足下でなく前に持っていくことを身につけることができます。



鋭角のコーナーのみのショートコースでコース取りの練習を繰り返すショートコーナーストーム。実力が拮抗するレースでは第一コーナーを制するものがレースを制すると言っても過言ではありません。まずは1人でスタートからコーナーを最短距離で曲がる感覚を研ぎすましていきます。



その後は、2人1組でスタート練習からのショートコースでレース形式の練習を繰り返すダブルショートアタックレース。スタートのタイミング、コーナーでのライン取り、膨らんだところを指すテクニック。相手がいるだけで、子ども達はどうしたら勝つことができるか真剣に自分たちで考えるようになります。



さらに、今度はコースを少しだけ長くして3人1組でのミニレースを繰り返すトリプル・・・もうネーミングが思いつきません。。。



そんな練習を繰り返していくと、小さなキッズもその顔つきがどんどん真剣になっていくのがわかります。


笑いあり


涙あり


涙あり


そして笑いあり。それが広島流、本気のストライダー練習会「ぶち練」。

今後も「ぶち練」開催します。


カテゴリー: チーム活動, ぶち練   作成者: carpkko パーマリンク
スポンサードリンク