カープっこREBOライダーズ


平成23年10月に開催されたストライダーカップ第5戦広島ラウンドにあわせ、地元の大会を盛り上げようとmixiコミュニティに参加していた保護者の有志で広島ストライダーチーム『カープっこ』を結成。平成24年2月には50名を超えるメンバーが加入し、広島県で最大規模のストライダーチームへと成長しました。平成24年3月、新年度に向けた運営体制の見直しにより、これまでのカープっことしての活動はすべて『カープっこREBOライダーズ』に引き継がれています。

西日本最大規模のストライダーチームカープっこは『カープっこREBOライダーズ』として生まれ変わりました。REBOには再生、変革、そして再生変革後の晴れやかな虹といった意味が含まれています。地元の広島東洋カープを応援するストライダーチームとして、球団から『カープっこ』という名称の使用許可を頂いています。

不定期ながらほぼ毎週末にチーム練習会を開催。保護者の手作りのスタート板やフラッグ、コース設営用のコーンなどを使った本格的なレース練習などを行っています。また、県内だけでなく、隣県のかさおか太陽の広場BMXコースや全国の各種大会に遠征し、他のストライダーチームとの交流も深めています。平成24年2月には「第1回広島カープっこ杯」という誰でも参加できる草レース大会を広島で初めて開催しました。また、広島県内初のランニングバイク専用コースが常設されたみつぎグリーンランドにも協力しています。

現在のメンバー数(2012.5.30現在)

2005年度生まれ 5名(男4名、女1名)
2006年度生まれ 2名(男1名、女1名)
2007年度生まれ 9名(男7名、女2名)
2008年度生まれ 11名(男7名、女4名)
2009年度生まれ 11名(男10名、女1名)
2010年度生まれ 4名(男2名、女2名)
2011年度生まれ 5名(男1名、女4名)
       計47名


カテゴリー: チーム活動   作成者: carpkko パーマリンク
スポンサードリンク